2013年01月27日

人が好きだから、創り続けたいのです

地域振興を目的として2本の映画を立て続けに創った。
始めは飛び込み的押し売り的に始めた、岐阜県恵那市岩村町の「みつけもの」で、
2作目は堤幸彦監督からキャスティングして頂いた、愛知県高浜市の「タカハマ物語」。
どちらも脚本を書いた。
当然、書く前のリサーチにはかなり力を入れた。
地域振興が目的であるからには、この映画のコンセプトをしっかりと立てなければならない。
そのための取材は、全身の毛穴全開にして見るもの、聞くもの、触るもの、吸うもの、味わうものすべてをキャッチするよう務めた。
でも一番大事で有効だったのは、感じることだった。
地域の中にいる時に感じられるものを信じることが、自分にとってとても大事なことだった。

私は地域映画で何を表現したいのだろう。何を見ていたいのだろう。
そう考えた時、答は自ずと出た。
「人」である。
景色を見ても、モノを見ても、その奥に人を感じる。
人の生業、人の息、人の想いがそこにある。
町は「人」なのだ。
遠い過去から人が繋げて来たモノやコトにその地域の魅力がある。
現在起こっていることも、過去と未来をつないでいる人がそこにいるから。

イラストを描く時も、映画を創る時も、愛すべき人を表現したい。

だからといって私は決して人間至上主義ではないのだ。
自然を大事に、動物と仲良く、そう出来るのも人が生きるものへの敬意を忘れず、謙虚に生きることで可能になる。
人が人として生きることは、周りの環境も含め、他を思いやり、共に発展していくこと。
なあんて、道徳の授業のようだけど、
そんな地域は魅力的で、活性化していくはずなのである。

だから、この先も私は地域の人たちと一緒に、地域にどっぷり浸かりながら
地域の魅力再発見と地域振興の映画を創り続けたい!
そう、創り続けたいのです。

posted by po at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月03日

「タカハマ物語」の波及効果

「タカハマ物語」の名古屋初上映も盛況に終わり、10月27日の高浜おにみち祭りの盛り上がりは例年をかなり上回るものだったそう。
私も1時半からの名古屋での「みつけもの」上映&トークの後に駆けつけ、キャストやスタッフ、そして市長や知事とも一緒に映画の中で生まれた「笑うタカハマ」を大合唱して来ました!(といっても声帯炎のため声が出ず、口パクで)
出演もして頂いたインディーズバンドのフジヤマルーキーのステージもあり、映画の1シーンが再び戻って来たみたいでした。


IMG_0973.JPG


市民の方たちも一緒に大合唱!市民の方たちの活気も素晴らしく、高浜は「↑」です!
地域の映画作り、監督の私もまだまだ経験不足で、市の方たちも初体験。色々苦労は多く、長い道のりでしたが、こうした地域の方たちの笑顔を見ることが出来てほんとうに良かった!
おにみち祭りが盛り上がったのも、「タカハマ物語」がもたらした効果だと思うし、鬼師さんや参加したキャストの新しい動きも聞いています。それぞれがそれぞれの立場でこれからの高浜を作っていこうと立ち上がり、新しい道へ踏み出すことが、地域の映画の狙いです。
高浜でそれを実感させてもらえました。

posted by po at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月28日

「みつけもの」今後の上映予定

ポスター.jpg


10月27日(土)なごや男女平等参画推進センター つながれっとNAGOYAで「みつけもの」シアタ&トークで映画の上映とトークタイムがあります。
http://www.tsunagalet.city.nagoya.jp/


午後1時半〜3時半で参加費は500円。恵那市岩村町で学生と町の人たちとで創った初めての町おこし自主製作映画です。


この町に出会い、女城主に出会い、どうしても映画を創りたい!と一念発起して創った映画は、色々な出会いを生みました。多くの方たちの温かい気持ちに出会ったのもそうです。また何よりもこの映画のシナリオを書いている際に、歴史上ではいないとされている女城主の子どもの子孫の存在を発見したこと、そしてその子孫の方との交流は今も続き、そこからさらなる出会いが生まれていること、私の人生を変えた、私にとっても本当の意味での「みつけもの」になりました。


岩村の町づくりのプロジェクトは、現在も続いています。この秋、私は女城主のリアルキャラとして「現代に舞い降りた婚活姫『直姫』」となり、女城主や岩村のPR、地域の活性化のための新しい活動をスタートさせます!


11月4日(日)は、岩村おかげ祭りが開催され、「直姫」のデビューステージがあります。ぜひ皆さん 遊びに来てください!「直姫」は皆さんのご縁を結びます。

posted by po at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月24日

「タカハマ物語」今後の上映予定

10月13日&14日は、名古屋の大須映画祭でオープニングイベントと地域映画祭りの中でスタッフの子どもたちと一緒にトークイベントに参加してきます!http://www.theatercafe.jp/schedule/icalrepeat.detail/2012/10/13/402/28%7C39%7C40%7C41/


撮影中のあの話、この話をいろいろと。新米監督の私は、「キツツキと雨」の小栗旬扮する監督の心境と同じく、悩み苦しみの毎日で、そのあたりのお話なんかもしちゃおうかな。
10月20日&21日は、名古屋伏見ミリオン座で上映!20日は19時半からスタッフと共に舞台挨拶、21日は監修の堤幸彦監督の舞台挨拶があります!


タカハマ物語今後の上映予定.jpg


高浜市外の方にどんな風に観て頂けるのか、とても気になります。前情報のない状態で、「タカハマ物語」を観た時に高浜の印象はどんな風に受け止められるのか、上映後の感想もぜひ聞いてみたい。
その他、10月6日から28日の間は、高浜市のかわら美術館ミニシアターでの上映、11月25日は高浜市民ホールにて13時〜16時〜の2回上映の予定です。その後もきっとどんどん上映の輪は広がっていくはず・・・。「だって、すごくパワーがあるし、感動しちゃうんだもん♪」

posted by po at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「タカハマ物語」の興奮覚めやらず

タカハマ物語9_2上映会チラシ.jpg

9月2日「タカハマ物語」がついに高浜市民ホールで上映された!
当日は、13時からの上映の1時間半前から並んで下さる方もいらっしゃって、1日3回の上映で約2,100人の方がご来場下さるという、大変感動的な1日。


IMG_0689.JPG


上映後にお見送りに出口に立っていると、笑顔でお帰りになる方たちから口々に「面白かったです!」「笑いました」「泣きました」と感想の言葉を頂いたのですが、一番感激したことは「高浜の映画を作ってくれてありがとう!」と言って下さる方がたくさんいらっしゃったこと。全く予想していなかった言葉だったので、皆さんがそんな風に喜んでくださったことに改めて心が震えた。
自分の町の映画が出来たことが、皆さんの喜びや誇りになったのだとすれば、この製作に関わったすべての方たちにとってこんなに嬉しいことはないと思う。こんなご縁を頂いたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ぜひたくさんの方にこれからも観て頂きたい。きっと高浜の方たちの熱い想いが伝わってくるはずです。

posted by po at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月29日

編集完了!

クランクアップ後の6月から7月にかけて、編集、アフレコ、レコーディングと続いていたけれど、やっと先週末でほぼすべて終了。

IMG_0527.JPG

まだSEやカラコンなどの作業は残っているけれど、山は過ぎた感。
そのせいか久しぶりにゆっくり出来た週末、やたら眠くて眠くて・・・。
この1年分の睡眠不足がここになって買い戻し〜!かのように襲ってくる。
去年の今頃オーディションをしていて、高浜の市民の方たちの「熱さ」に
おおいに刺激を受けていたんだよなあ。
う〜ん あれから1年。早い!
ウィークデーは授業をし、毎週末は撮影という毎日が繰り返し繰り返し。
その上に4月の撮影中に父が倒れ、6月初旬に他界し・・・。
まさに無我夢中の1年だった。
大晦日や元旦、何やっていたか、全く覚えていないもんね。
それほど夢中になった1年。貴重な1年。
ありがたや〜!



今 岩村町の女城主ブランド計画をさらに進めるべく、デザインの真っ最中でもある。
10月 岩村に何かが現れるのだ〜!

家紋一部gif.gif

お楽しみに!

posted by po at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月28日

クランクアップ!

2011年10月15日クランクインした「タカハマ物語」が昨日無事クランクアップした。
最後のシーンの撮影現場には堤監督も到着し、稗田川で主役たち3人の歩きを撮影。
とうとう終わってしまった・・・。
やっと ではなく とうとう というのが本音。
5月3〜5日のコンサートシーンの撮影の際にもオールアップしていくキャストがたくさんいて、
だんだん寂しさが募っていたが、これですべてのキャストたちの撮影がすべて終わってしまった。
毎週会っていた彼ら、彼女たちの笑顔がこれからしばらく見れないと思うと・・・しんみり。
それくらい密度の濃い撮影だった。
プロのキャストたちの撮影は経験が殆どないので、実際の比較はもちろん出来ないが、
アマチュアだからこその苦労もあれば喜びもあったということかな。
私も一緒に成長したのかも?
そう 実は私の成長物語でもあったように思う。
わからないことの連続、年ばっかり取っていても経験の浅い監督に
よくみんなついて来てくれました。
まわりの方の支えがあったからこそです。
ボランティアスタッフの子どもたちも本当に頑張ってくれた。
本当に 本当に!心からみなさんに感謝。

寂しい 寂しいと言いながら
今日もラッシュを見ながらチェック。
みんなとまた会えたもんね。

良い映画になるよう 頑張らなくちゃ!

20120507.jpg
posted by po at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月12日

あー大変!

モバイルWIFIルーターをようやく購入し、これから外出先でも自宅のメールアドレスが使えると喜んでいたのも束の間、全く送受信が出来ず…
iPadの設定を何度やり直してもだめ。
ネットはつながっているので、認識は出来てるはずなのに。職場に持っていって何人かに聞いてみても分からない。
出来るはずが出来ないのは、何とも気持ち悪く、落ち着かない。
家へ帰っても仕事そっちのけで、ネットで調べたりして、何時間も費やしてしまい、よってすべての予定が押してしまい寝る時間が遅くなるという悪循環。
営業時間内に購入したショップに行かれないまま。数日が過ぎて、まずカスタマーセンターに電話。
結局、こちらでご説明出来るのはここまでです、と断られ、
ようやくショップへ。
1時間半以上あれこれ試した結果、「わかり兼ねます」。
えー!
じゃあこのルーター持ってても仕方ないじゃん!
一旦家へ帰り、プロバイダーに電話する。

結果、「当社はまだ対応しておりません」。
ガーン!

代替案として、ブラウザからプロバイダーのサイトにつなぎ、web
メールで送受信するんだって。

一手間以上かかるじゃん。

どうしようかな〜、ルーターの解約も考えよっかな。

何か一つ新しい端末が増えると、こんなバタバタがよーくある。

もっとシンプルにならんのかい。
posted by po at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月25日

spcafeは熱かった!

4月23日(月)名古屋大学のspcafeにて「みつけもの」の上映会を開催した。
30名ほどのキャパのカフェになんと60名ほどの参加者!1時間半立ち見をして頂いた方、申し訳ありません。
pcafeは哲学を肴に諸学問と人がつながり、多様な角度から一つの事柄を見つめる場ということで、
http://sxpxs.org/spcafe.html 様々な分野の方が参加された。
上映後、二次会に場を映しての質疑応答では、「哲学的に町づくりをどう考えるのか?」など一瞬返答に迷う質問などもあり、
そのおかげであらためて町づくりとは何なのかを自分に問うことも出来たと思う。
脳に刺激ピリピリ、フル回転の熱い夜でした!

sppcafe.jpg

posted by po at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月06日

犬を見て人生を学ぶの巻

動物を見ると我を忘れてしまう私。とりわけ犬が好き!
犬との生活で、犬から学ぶことも多く・・・。

001.jpg


「見ました」じゃなく「みました」と文字の間違いはご愛嬌ってことで・・・。
そして次に。


002.jpg


犬ってちっとも老けないんだな。


003.gif


過去を悔やまず、未来を憂うことなく・・。
今日一日、今この一瞬を精一杯!ってことですな。

posted by po at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記