2017年01月08日

「血の池タルト」というメディア

「歴史を食べる!」
今日は、あいちポップカルチャーフェスティバルの会場で
長久手の名物(にしたい)「血の池タルト」のPRと販売に行って来ました。
NPO法人楽歩さんのスタッフさん、利用者さんと一緒に
昨日作った「血の池タルト」。
IMG_3175.JPG

モリコロパークの体育館内のブースは、
ステージで歌やダンス、トーク、サイン会が開かれ、
外の会場にもコスプレーヤーの方たちや
撮影の方たちがたくさん。

IMG_3195.JPG


コスプレの聖地だと言われて久しい愛知ですが、
その会場の真っ只中にいることは初めてで、
とても興味深く、良い経験でした。
何よりも皆さん、とっても熱い!
そして温かい。

IMG_3199.JPG
IMG_3200.JPG

コスプレを愛する者同士の連帯感といいますか、
お互いに「わかるよね?」という見えない繋がりのようなものが感じられ、
私は「女城主」の出立ちをしていたことで、
仲間として受け入れられているような安堵感がありました。

自然に声をかけ、かけられ、
「血の池タルト」の所以から始まり、
岩村の女城主の話まで。
実に多くの方とつながった1日でした。

血の池タルトを買ってくださり、
その際お話しさせて頂いたことで「歴史に興味を持った!」とTwitterでつぶやいてくださった方、
「歴史の話ができて嬉しい!」と
逆にお菓子をくださった方。
出店者なのに、わざわざ買いに来てくださって、
大きな声で「血の池タルト、おいし〜!」と
PRに協力してくださった方。

みなさんの温かさが伝わって、嬉しかった!

何よりも楽歩さんの皆さんも優しくて・・・。

「血の池タルト」は、地域の人たちをつなぐ「ふるさとフード」として、
映画「未来へのとびら」から生まれたスイーツですが、
まさに人と人をつなぐ「メディア」だと思います。

映画もフライヤーもCMも「メディア」。
食べ物だって、こうして歴史を伝え、人をつなぐ「メディア」なんですよね。

参加している学生たちにも、そのことを体験を持って知ってほしいと思っています。

IMG_3202.JPG

今後の社会の中で「メディア」の形や活用の可能性は急速に広がっていきます。
これから社会に出ていく学生たちに、「メディア」ができることを考える場になれば、
そんなことも考えながら、せっせと甲冑を着た先生は頑張っています。
posted by po at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178312857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック