2016年12月27日

女城主をブランドに!

全国的にも女城主は希有な状態。これはオリジナリティにつながる大事なポイントだ。
私がこれまで調べたところでは、岩村の女城主のほかには、以下の5名の女城主や武者の存在がわかった。

星2︎安濃津城 江戸時代の城主富田信高(後に伊予宇和島城へ、代わって藤堂高虎が城主になる)の妻。
星2︎宇喜多忠家の娘。坂崎出羽守の妹。1600年関ヶ原の戦いの際、城を守る夫信高が毛利秀元らの攻撃に城外で苦戦しているとき、城から打ってでて多数の敵を倒し、夫を城内に退却させた。
星2︎巴御前・・・「平家物語」によると源義仲に仕えた甲冑を着て戦う女武者。
星2︎立花ァ千代・・・大友氏の有力家臣、立花道雪の娘、天正3年(1575年)に7歳の時、家督を譲られた。
星2︎井伊直虎・・・戦国時代の女性領主。1565年遠江井伊谷(静岡県浜松市)の井伊氏の当主となった。井伊直政を養子として育てた。最近、直虎は男性だったという史料が発見されたとのこと。

 岩村の女城主は、戦国時代に織田信長の叔母として当時この地方で勢力を持った遠山一族のひとり「遠山景任」に政略結婚で嫁ぎ、当初こそは城主の妻だったが、城主の病死後は自ら城に残り、城主となった女性だ。
妻としてまた人質の五坊丸の義母としての務めと、城主として領民の生活を守り、戦に出ることもあり、3ヶ月もの籠城を決意し実行した城主としての務めを果敢に果たしていた。


写真4.JPG
⇧岩村城の石垣


この女城主そのものがブランドになる!と私は思った。

 そして、女城主の里に住む人々、そこへ訪れる観光客は、この地で何を得ることが出来るのか。観光で訪れる人々は、それぞれ何らかの期待を持ってやってくる。岩村の江戸時代の町並み、のどかな山と田園、地域の特産品、名物料理・・・。日常から離れた特別な時間や経験を求めて来る。
 しかし、それをただ1回だけの訪問で終わらせず、リピーターとなってもらうにはどうしたら良いのか。口コミで広げてもらうには何が必要なのかを考えなくては、観光の町へとシフトして行くことは難しい。そこで、オリジナリティとブランド力が試されるわけなのだ。
岩村の場合は、女城主というオリジナリティがある。そして、女城主のストーリーが訪れた人に敵将との間に芽生えた深くて強い愛情、こどもや領民を守るために強い意思と覚悟を持って生きた潔い心、そして何よりも女性としての美しい姿への共感を与える。私も女城主の物語を知った時に、励まされ自戒し、また前に向き直りといった経験をした。自分と女城主を照らし合わせ、感情移入し、共感するという、自分もこんな風に生きたい、こんな風になりたいと思うことこそ、ブランドだと言える。
 戦国から現代へと時間を飛び越えて夢を描く力があるのがブランドだ。岩村のブランディングは、まさにこの女城主という人そのものであり、このストーリーを地域づくりに活かす他ないと思ったのが、映画づくりを決心する動機だった。


写真3.JPG
⇧女城主を弔うために作られた妙法寺のまくら塚

posted by po at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178191418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック