2016年11月16日

やってて良かった!

今日はとっても嬉しいことがありました。
長久手の「映画から始まる地域デザイン」プロジェクトで、いよいよ「血の池タルト」がデビューすることになり、CMが完成したことをフェイスブックに投稿したのですが、
長久手映画の主催者のお一人である山田さんが以下のようなコメントを書いて下さったのです。

愛知淑徳大学の石丸先生と学生さんたちがつくった「血の池タルト」のCM!めっちゃ面白い!!!

思い返せば、3年前?長久手市を中心とした地域映画「未来への扉」を地域のみなさんとつくりました。
そのシナリオで設定した「ふるさとフード研究会」を石丸先生がスピンオフして継続してくれてます!

誰から何を言われたわけでもなく、作為的でもなく、
地域を活性化したい!と思った一人の能動性から始まり、それが連鎖していく。自然にコミュニティ化していく。

これが本当の「まちづくり」であり「つながり」なんだと、私は思います。

受動的な「つながり」ではなく、能動的な「つながり」。

地域映画がその「きっかけ」になったことは間違いないとは思いますけど(^^;;

素直に心から「やってて良かった!」と思いました!
嬉しかった!
そして、機会を下さった山田さんはじめ愛知中央JC様に改めて感謝です!

いくつかの地域で、映画から始まるプロジェクトをさせて頂きましたが、本当のところ、最近寂しい気持ちになっていました。
いくら気持ちと体力をつぎ込んでも、やっぱりよそ者はよそ者でしかないのかと思うことがあり、私のしていることは本当に地域に役立っているのか?と自問自答することもありました。

でも映画製作と地域の未来を一つのストーリーでデザインすることは、確実にマチの人たちのココロが動いているという実感はあります。
映画をきっかけとして、夢にチャレンジする人、才能を開花させる人がいます。新しい人のつながりが生まれ、コトも生まれています。

それを信念としてやって来ましたが、私の伝え方や表現が悪いのか?と思うことも多々あり、少し疲れていたのも事実です。

でも、山田さんのコメントを読ませて頂き、元気を取り戻しました!
こんなに理解して下さって、励まして頂けて、それだけで、これからも頑張れちゃいます!

どの地域にもオリジナルな魅力が必ずあり、私はそれを掘り起こし、地域の方の誇りとなるコンテンツにつなげていきたい!
そして地域の輪が広がるきっかけ作りをしたい!

一緒にまちづくりしませんか?!
どこにでも出かけて行きます〜(^-^)


posted by po at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177689906
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック