2015年05月01日

「発達特性」を理解して、天才たちに活躍してもらいたい!

CAMPFIREのサイトに動画をアップしました。
http://camp-fire.jp/projects/view/1544#menu
CAMPFIRE.jpg

7月23日の朗読劇本番に向けて、稽古も進んでいます。

発達障がいのある人もない人も、皆さん一生懸命。
ぜひこの姿を上映会で観てもらいたい!

発達障がいという言葉をタイトルに出したこと、
前も後も色々悩みました。
今もまだ悩んでいます。

当事者の方の抵抗感はもちろん、一般的にも何か特別な、立ち入りにくいような感じを
与えてしまうのかなあ、やっぱり。
まだまだ、「私は発達障がいがあります。」と言えないのが現状なんですね。
発達「障がい」ではなく発達「特性」。
平均的には出来ないけれど、ある部分には素晴らしい力を発揮出来る人たちです。
集中力、観察力、創造力など、
社会にはその特性を発揮して、見事な仕事をされている人もたくさん。

スティーブ・ジョブスやアインシュタインやスピルバーグや。
もちろん、本人のたゆまない努力と周囲の協力があったからこそですが、
そう、周囲の理解と協力が必要なんです。
その結果、社会に貢献する能力を発揮してもらえて、私たちも幸せってわけ。

そんな風にたくさんの人に理解してもらいたいなあ。

だから!この朗読劇のドキュメンタリー映画の上映会を開きたい!
残り30日ほどになりました。
ご支援をよろしくお願いします。
http://camp-fire.jp/projects/view/1544#menu
posted by po at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記