2013年06月22日

日本デザイン学会第60回春季研究発表大会

IMG_0884.jpg
筑波大学へ行って来ました。

東京駅から高速バスで1本の便利さに魅かれ、
9時ジャスト発の筑波大学行きに乗り込んだわけですが・・・。
「首都高速で事故発生のため70分ほど遅れます」のアナウンス。

えー!そんなに?!
(でも 結局1時間40分遅れだった〜)

頭の中で到着時間を計算する。
12時55分からの発表なので、どう間違っても間に合わないなんてことはないはず・・・。

まあ こうなったら、バスの中で発表の練習していくとするか、と
腹をくくってMacの電源を入れる。

案外あっと言う間だった。

で、筑波大学に到着。
キャンパス 広〜!

IMG_0899.jpg



まずは、レジストレーション。


メンバーカード.JPG


このカード、なかなか良いシステム。
登録した項目に赤い丸がついていて、
一目で「発表者か否か」「お弁当申込の有無」などがわかるようになっている。


そして私の発表会場のチェック。
第1会場は、受付のすぐ横だった。
お弁当を食べて会場をふらふら。
あちらこちらにARTを発見。

IMG_0897.jpg



浮いてる人!
IMG_0900.JPG



そして12時55分から、発表スタート。
「映画製作による地域のデザイン」をテーマに
岩村と高浜で地域のシナリオを創り、映画を製作することで、
地域をどのようにデザインしているのか?について、発表。
質疑応答タイムでは、若いお2人から質問あり。

同じセッションで、金沢工業大学の出原先生の「SOMET」の発表があった。
少し前にテレビで観て感動した研究!
加賀友禅のデジタル染め体験システムで、
若者に伝統工芸の魅力を伝えるきっかけとして、開発されたそう。
友禅染めの加賀五彩を再現し、ぼかしなども手軽に表現出来る。

偶然 帰り道をご一緒させて頂いて、
色々お話を伺った。

東京駅では、KITTEに立寄った。
JRタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」を見学。
http://www.youtube.com/watch?v=-39xTzpQ72o
あいにく写真撮影は不可とのことで、写真を掲載出来ないのが残念だけど、
東京大学の学術標本や研究資料などが展示されている。
日本〒株式会社と東京大学総合研究博物館が恊働で運営を行う施設とのこと。
館長の西野嘉章氏のコメントがコーナーの柱にところどころ掲示されているが、
その中でいたく感動してしまったものがある。

宇宙のはるかかなたから送り届けられた画像の中に、
20世紀の抽象絵画と見間違えるようなイメージがあるのだと言う。
そこに展示されていた火星の画像(解像度○○メートル/画素というものまであった)は、
確かに抽象画にも見える。
さまざまな視点でモノコトを捉える複合的、重層的な見方、考え方が必要ということかな。
突き詰めた先の芸術は宗教と真理は一つなのではないかと思うし、
ジャンルは違えど、各メディアと先端科学と自然を結びつけて考えれば、
また新しい展開が得られるんだろう。

そして帰宅。
学会も終わったし、今夜はちょっと息抜きしよっと、
借りていたDVDを観ることに。
「未来世紀ブラジル」
なんかシンクロしてる!

posted by po at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記