2012年11月03日

「タカハマ物語」の波及効果

「タカハマ物語」の名古屋初上映も盛況に終わり、10月27日の高浜おにみち祭りの盛り上がりは例年をかなり上回るものだったそう。
私も1時半からの名古屋での「みつけもの」上映&トークの後に駆けつけ、キャストやスタッフ、そして市長や知事とも一緒に映画の中で生まれた「笑うタカハマ」を大合唱して来ました!(といっても声帯炎のため声が出ず、口パクで)
出演もして頂いたインディーズバンドのフジヤマルーキーのステージもあり、映画の1シーンが再び戻って来たみたいでした。


IMG_0973.JPG


市民の方たちも一緒に大合唱!市民の方たちの活気も素晴らしく、高浜は「↑」です!
地域の映画作り、監督の私もまだまだ経験不足で、市の方たちも初体験。色々苦労は多く、長い道のりでしたが、こうした地域の方たちの笑顔を見ることが出来てほんとうに良かった!
おにみち祭りが盛り上がったのも、「タカハマ物語」がもたらした効果だと思うし、鬼師さんや参加したキャストの新しい動きも聞いています。それぞれがそれぞれの立場でこれからの高浜を作っていこうと立ち上がり、新しい道へ踏み出すことが、地域の映画の狙いです。
高浜でそれを実感させてもらえました。

posted by po at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記